彩・きもの通信

美しく着る

目指せ和服美人!和装の種類とTPO

2020.10.15
日本の伝統美である和装が近年見直され、その中でも着物に興味を持つ人が増えてきています。しかし特別な席に限らず日常的に着物を楽しみたいと考える一方で、どんな種類があってどんなときにどんなものを着るのが正しいのかわからず、躊躇している人も少なくないのが事実です。もちろん着物に代表される和装は奥が深いのですが、まずは自分が着たいと思うときにどれを着ればいいのかを最低限知っておけば大丈夫です。ここでは着物の種類とおすすめの場面、そしてより美しく見える着こなし方について紹介します。

覚えておきたい着物の格と種類

【フォーマルな席で】

着物のなかでも最高の礼装と呼ばれているのが、黒地や背中、両後ろ袖前、胸元の五ヶ所に家紋の入っている黒紋付です。喪服のイメージが強いですが、帯を変えれば慶弔両方で着用できます。続く第一礼装には、黒留袖と色留袖の二種類があります。黒留袖も五つ紋で裾に模様が入っており、既婚女性が結婚式において新郎新婦の母親や仲人として参列するときに着用します。色留袖は紋の数を減らすことが可能で、既婚未婚どちらの女性も着用可能です。ちなみに未婚女性では振袖が第一礼装に含まれます。準礼装と言われる訪問着は、社交着としてシーンを選ばず活躍します。付け下げと色無地は、どちらも紋を入れれば格が上がりフォーマル着として活用できます。

【タウン着としてカジュアルに】

普段から気軽に着物を楽しみたい場合は、紋の入っていないものを選びます。言いかえれば、訪問着をはじめ付け下げや色無地は紋を入れなければカジュアルな場にも着用可能です。その際には帯や小物のチョイスにも気を配りましょう。それ以外でカジュアルに着られる着物として一般的なのが、小さな模様が繰り返し描かれている小紋です。柄によっては格が上がりますので、どのような場面で着用したいのかを決めておくのがよいでしょう。また先に糸を染めてから織り上げる紬や絣、夏の風物詩ともいえる浴衣もタウン着として人気があります。素材によっては礼装よりも安価で購入できますので、数種類を気分で使い分けるのも素敵です。

多様なシーンで着物を活用

【社交的な場面で大活躍】

結婚式に代表されるように、和装は華やかな席でとても映えます。母親として出席する場合などの特別な立場で列席するならば黒留袖になりますが、それ以外なら色や柄の美しい色留袖や訪問着がおすすめです。お子さんの入学式や卒業式にも着物は花を添えてくれます。訪問着や付け下げ、あるいは色無地を選ぶのがよいでしょう。入学式には明るめの、卒業式には落ち着いた色合いのものが向いています。同窓会やちょっとしたパーティーなら、色無地や小紋といったカジュアルに着られる種類の着物が合います。帯や小物との組み合わせを楽しみながら、着物の似合う大人の女性をアピールしてみてはいかがでしょうか。

【もっと気軽に和装を楽しむ】

花火大会や夏祭りに浴衣を着る人は少なくありません。それと同じような感覚で、日常のちょっとしたシーンに和装を取り入れてみませんか?歌舞伎のような伝統芸能やクラシックのコンサート、はたまた美術館などの芸術鑑賞には着物姿がしっくりきます。出かける先の規模によって付け下げや色無地、または小紋や紬というように使い分けましょう。お茶やお花を習っている人は着物の出番が多くなりますので、季節に応じた素材のものをいくつかそろえて四季の移ろいを肌で感じることができます。

着崩れを防ぐ立ち居振る舞いと着付けのコツ

【基本動作をより美しく】

和装のときには普段以上に所作に気を配ると、着崩れしにくく女性らしさも際立ちます。まず立っているときには背筋を伸ばしましょう。頭頂部が常に上から引っ張られているような意識を持つと、美しい姿勢をキープしやすいです。歩くときは裾が乱れないよう、歩幅を小さく取り足を前方にまっすぐ運ぶようにします。階段では、体の向きをやや斜めにし、竪褄を右手で軽く持ち上げると裾が階段に触れず歩きやすくなります。車に乗る際は、竪褄を右手で軽く持ち上げながらお尻から座席に浅く腰かけます。手を上げるときは、腕がむき出しにならないように片方の袖口を押さえるようしましょう。

【ポイントを押さえた着付けで着崩れ防止】

着崩れは、着付けの段階である程度防ぐことが可能です。着物を着用するうえで重要なのは、まず補正をしっかりすることです。ボディラインのメリハリを極力なくしていわゆる寸胴体型に補正すると、着崩れがしにくく美しい着こなしができます。タオルを使ってもいいし、さまざまな種類の補正パッドもありますので、着付けの際に大いに活用しましょう。また、腰紐がきちんと締まっていないのも着崩れの原因となります。腰紐は、腰骨の上からおへそまでの間で結びますが、自分に最もしっくりくる場所を見つけて締めれば苦しくなりませんし着崩れを防げます。少し気をつければ美しい状態を長く保てますので、着付けは丁寧に行いましょう。

■まとめ■

着物などの和装は門出の祝福や同じ時間を過ごす喜びなど、着る人の心を表現してくれるという良さがあります。着物の種類を覚えてそれぞれにふさわしい場面を知っておけば、いざというときに失敗せずに自信を持って着こなせます。女性の凛とした美しさを引き立てる着物を、もっと身近なものとして捉えて生活に華やぎを加えてみましょう。

コラム アーカイブ

彩きもの学院トップページ

「彩きもの学院が選ばれる理由」のページ

彩きもの学院各校のページ

銀座校新宿校渋谷校池袋校立川校横浜校松戸校大宮校宇都宮校

SHARE
前のページ
次のページ