彩・きもの通信

着て出かける

歌舞伎観劇  / 新橋演舞場

2012.07.13

彩きもの大学 歌舞伎観劇 / 新橋演舞場

2012年7月13日・18日・19日・21日・23日に新橋演舞場にて「七月大歌舞伎・ヤマトタケル」を観劇。
大勢の大学生が参加され、日本が誇る伝統芸能「歌舞伎」の魅力に浸りました。

スーパー歌舞伎
三代猿之助 四十八撰の内
「ヤマトタケル」ヤマトタケルの半生を、哲学者梅原猛が書き下ろし、市川猿翁(3代目猿之助改め)が脚本を書いた舞台。ヤマトタケルの半生を、哲学者梅原猛が書き下ろし、市川猿翁(3代目猿之助改め)が脚本を書いた舞台。劇中にて、亀治郎改め四代目市川猿之助、九代目市川中車が襲名披露口上を行いました。劇中にて、亀治郎改め四代目市川猿之助、九代目市川中車が襲名披露口上を行いました。

歌舞伎美人の集い

歌舞伎美人が勢ぞろい。
観劇前に、記念写真を撮らせていただきました。

SHARE
前のページ
次のページ