彩・きもの通信

娘の結婚式に留袖を着たい

2020.10.05

 亡き母が嫁入り道具に持たせてくれた着物に「何とか日の目を」と思い、無料着付教室に思い切って申込みをしました。入学をして技術が伴なわない時に無謀ながら「娘の結婚式に留袖を着たい」とお願いして大訓練の末、晴れの日には自分で着る事が出来て、大満足でした。更なる目標は孫のお宮参りです。娘に附下げを着せて、ともに祝う事が叶い、お稽古にも一段と力が入ります。次に若い頃の着物を染めて仕立て直し、認定式やお食事会に着て第三の目標も達成する事が出来ました。
 先生方のステキな装いに憧れ、塩沢紬の研修、組ひも講座、彩の市と多彩な行事に新しい世界が広がり、60の手習いで、一つ覚えたら一つ忘れるといった調子ですが、「今しかできないよね」と励まし合える仲間と続けています。奥の深い学びの日々を、これからも楽しみたいと思います。

SHARE
前のページ
次のページ