彩・きもの通信

着物を着ることが一大行事にならないように

2020.10.05

 私が「彩きもの学院」の門を叩いたのは、二つの出来事によるものでした。
① 温泉旅館で出された浴衣と半幅帯の着付けができず、帯にいたってはぐるぐる巻きにリボン結びで、いい年をして恥ずかしい思いをしたこと。
② 母が年を取り、腕が上がらないので、もう着物を他人に着せるのは無理だと言い出したこと。
 このままでは、五年前に新調した、新年会で一度着たきりのピンクの派手な着物が「五年着なければ、もう着ないでしょう…」となってしまう。
 そんな私ですが、わずか一年後の学院の新年会では、自分で着た着物姿で帝国ホテルのロビーを堂々と歩きました。それはまるで夢のような、少し誇らしい、素敵な体験でした。講師の田中先生の、「一大行事にならないように」という教えを胸に、一年通い続け、何とか基礎科を終了することができましたが、これからも折にふれて着物を楽しんでいきたいと思います。

SHARE
前のページ
次のページ