彩・きもの通信

美しい衿元で街を歩けるよう練習を重ねてます

2019.06.01

20代から着物が好きで、機会があれば自己流で着たり、娘たちに着付けもしてきました。着物から遠ざかり忘れかけていた頃、学院に出会い、先生方の教え方が統一されていること、美しい着物姿、季節にあった着物のお話に感激しました。先生の着姿はまさに芸術・匠の技でうっとりしてしまいます。
教室は和気あいあい仲間との時間が楽しく、時には着物で食事や観劇の時間も作り、おでかけしています。着物はどんな高価な宝石より華やかです。そして美しく着ていることが一層人の目を引きます。自信を持って着物で歩けるように、先生方の着方・所作に少しでも近づけるよう、練習を重ねていきたいと思っています。

SHARE
前のページ
次のページ