彩・きもの通信

自分を見つめ、高める年に

2020.10.05

 3年前から茶道を始め、着物を自分で着られるようになりたいと思ったのがきっかけで、仕事帰りに通える池袋校を選びました。入門から基礎科へ進み、学んでいくうちに「和装を取り入れてかっこよく着たい」と思うようになりました。「研究科ではもっと着物がきれいに着られるようになりますよ」という先生方の言葉に進級を決意しました。
 授業では小衿と着物の衿がピタッと決まる感覚、帯の結び方、着物を身に付けた後の整え方など研究科ならではの「技」を楽しみながら学んでいます。
 今年は着物を着て出かけられるイベントが減ってしまいましたが、今が学びのチャンス、自己研鑽に励みたいと思います。

SHARE
前のページ
次のページ