彩・きもの通信

頑張る後ろ姿を見せていきたい

2020.10.05

「ただいま」と大きな声で小学校五年生の姪が帰ってきました。「あのね今日クラブに入ったんだ。何だと思う?」「うーん卓球かな」「新しくできた日本文化クラブに入ったの。今日ゆかた着たんだよ」と笑顔の姪。
 私は学院に通い出して三年、きもの大学で学び入門の授業にも助講師として参加させていただいています。授業が終わり帰るたびに姪に「写真を撮って」と言うと「えー、面倒臭い」「着物を着せてあげる」と言うと「しょうがないな」とつれない返事。
 その姪が自分でゆかたを着れる様になりたいと。いつか私も先生の様に的確に楽しく教えられる様になりたいと。二人の思いがかなう様に。そして一人でも着物が着てみたいと思う人が現れる様、頑張っていきたいと思います。

SHARE
前のページ
次のページ