彩・きもの通信

魅了された着物文化

2018.11.22

※向かって右の方がご本人
定年後に不用な衣服を整理しましたが、母の思いのつまった着物は捨てがたく、困っていました。そんな折、「彩きもの学院」に出会いました。教室の雰囲気は明るく、和やかで、実践的指導は解りやすく、楽しく通うことができました。
着つけ技術だけでなく、先生の和服の装い、センス、所作等の美しさに魅了され、着物の深さを知りました。

又、仲間との学び合い、情報交換等も大切な機会でした。「きれいに着ること」を目指し、経営科まで至りました。
自ら着ることはもちろん、家族に行事毎に着つけをして、出掛けることを楽しんでいます。まず着ることが大切だと思います。今後も技術を研き、微力ながら、多くの方に着物文化を伝えていきたいと思います。

SHARE
次のページ