学院について

理事長挨拶

彩きもの学院が目指すもの

日本には、先人たちが残してくれた文化的財産が多くあります。その一つは「きもの」です。「きもの」は世界一の民族衣装です。西洋諸国の衣装とは一線を画し、一枚の布を直線に裁ち縫い合わせ身に纏うことによって初めて完成する「きもの」。平面では、季節を映し出す一枚の絵画のようです。
華と品を兼ね備え、時代の感覚をいち早く表現しながら、古くて最も新しい「きもの」。伝統に培われたその文化に親しみ、継承してゆくことを使命と感じ、日々、精進してまいります。

彩きもの学院 理事長 木村 智則

学院長挨拶

「きもの」…この言葉の持つ響き

ゆったりと落ちついた気持ちになり、凛とした一本の心地よい緊張感を感じます。着つけを習うのなら彩きもの学院といわれるようにと、日本一の技術を目指して歩んで参りました。
初めてきものを習う方のための入門科は、きものとの出会いは新たな自分の発見になります。
基礎科・研究科・経営科へと進むにつれ、何げなく通り過ごしていた季節の移ろいに目がとまります。日々の暮らしの中でやわらかな絹に包まれたきものの装いは気持ちまでやさしく豊かにしてくれます。
彩きもの学院は、これからも美しい技術を追求し続けて参ります。

彩きもの学院 学院長 大月 淑子

学院のテーマ

『日本一の生徒・職員・学院』を目指す

大宮市宮町で当学院が呱呱の声を上げて、早いもので今年20年目に入りました。

  • 学院の理念「きものの伝統の継承を通して新しい日本女性の生き方を探求する」
  • そして「三つの追求」・技術の追求・おしゃれの追求・知的空間の追求

上記を目標に19年やって参りました。振り返って考えてみるとどうでしょう! まだ修正、発展の余地があると言えます。

 圧倒的なサービス精神で観客を魅了した歌舞伎界きってのエンターテイナー、中村勘三郎さんが昨年の暮れに他界しました。これから20年、30年と活躍を期待された役者です。でも彼の場合は57才という年齢でしたが、知る限りではすべてに全力投球、他人の2倍、3倍も太く怒涛のごとく突走しった人生でした。

 普通一般の人は肉体的、精神的資質の一部しか活用していない、人間は限界よりずっと狭い範囲で生きているように思われます。勘三郎さんの肉体は魂そのもの、生きる事は走る事、品格も教養も体力もすべて併せて力があって、圧倒的なエネルギーが観客の心を動かす、それが感動を生みました。彼の生きた世界歌舞伎もきものも日本独自のものです。

 私達は世界に誇る民族衣装、きものを材にした着付け教室に携わっております。きものには日本に文化が凝縮されています、きものを知る事は日本文化を理解することになります。そのきものを後世に伝えること、そしてりっぱな担い手になり、社会に貢献することが私達の目的です。

 立派な職員になり自己の持つ能力や可能性を最大限に発揮し、勘三郎さんのような、圧倒的努力で生徒を魅了し、きものファンを作って参りましょう!生徒の皆さんにも技術と礼儀を弁えた立派な生徒になってもらいましょう!

日本一の生徒・日本一の職員・日本一の学院を目指す.
このテーマで30周年に向けて改めてスタートしましょう!

平成25年1月6日 木村 智則

彩の由来・理念・三つの追求

「彩きもの学院」の由来

花が自然を彩るように。
私達個々の装いが生活空間の彩りになるようにとの願いを、「彩」という名に託しました。

ロゴの由来

シンボルマーク(撫子)について

枕草子の中で「草の花はなでしこ・・・」と清少納言は言っています。
その優雅な風情がいかにも女性的であったことから、恋の花として平安の昔から多く歌に詠まれてきました。
可憐な姿の中に強さを秘めて美しく咲く「なでしこ」、そのような女性像を目指して、彩きもの学院のシンボルマークと致しました。

彩きもの学院の理念

きものの伝統の継承を通して
新しい日本女性の生き方を
探求する

彩きもの学院 三つの追求

  1. 技術の追求
  2. おしゃれの追求
  3. 知的空間の追求

彩きもの学院の概要

社名
株式会社 彩 (彩きもの学院)
本社所在地
〒330-0802 
さいたま市大宮区宮町2-65-3
和久津ビル2F
連絡先
Tel.048-643-7300 
Fax.048-643-7301
主要拠点
銀座・新宿・渋谷・池袋・立川・横浜・松戸・大宮・宇都宮
事業内容
きもの着付教室
URL
https://saikimonogakuin.co.jp/

学院の歴史

1993年
  • 彩きもの学院 設立
  • 大宮校 開校
1993年 大宮校開校当時の様子
1994年
  • 松戸校 開校
1995年
  • 創立2周年記念式典 開催 (大宮 割烹桃山)
  • 第1回認定証授与式 (大宮 東武サロン)
1996年
  • 池袋校 開校
  • 第1回初春彩の集い 開催 (浅草 ビューホテル)
  • 合同授業 「花嫁の着付け・きものの歴史」 スタート
  • 彩きもの大学 開講
  • 実践着付け 「成人式の振袖・卒業式の女袴」 スタート

1997年
  • 渋谷校 開校
1998年
  • きもの教本 「基礎編・応用編」 完成
念願の 「きもの教本」 完成
  • 創立5周年記念式典 開催 (大宮ラフォーレ清水園)
1999年
  • 宇都宮校 開校
  • 結城紬のバス研修スタート (茨城県・結城市)
2000年
  • 横浜校 開校
  • 塩沢紬のバス研修スタート (新潟県・南魚沼市)
  • 彩きもの大学 「歌舞伎観劇」 スタート
  • 教育システム 「基礎科、研究科、経営科」 の確立
2001年
  • 立川校 開校
2003年
  • 創立10周年記念式典 開催 (浦和ロイヤルパインズホテル)
  • 新宿校 開校
2009年
  • 彩きもの大学 「大茶会 (東京国立博物館)」 開催
2013年
  • 創立20周年記念式典 開催 (帝国ホテル東京)
創立20周年記念祝賀会(帝国ホテル東京)
  • 彩きもの大学 「富岡製糸場バス研修 (群馬県・富岡市)」
2015年
  • 銀座校 開校
2016年
  • 朝日広告賞 入選
  • 彩きもの大学 「桐生バス研修 (群馬県・桐生市)」