コースについて

研究科

更に美しく装うために
更なる高度な技術を追求

ひとりで着る、着付けるための技術を更に追求するコースです。自分が更に美しく装うため学院オリジナルの画期的な半衿の付け方、下着の付け方を習得します。留袖や振袖のひも使いと共に帯結びは高度な技術を追求します。その他、広く日本文化にも触れていきます。

研究科の
受講料について

期間
9ヵ月 全27回(月3回)
資格
二級着付講師認定証
授業料
78,000円(税込)
教材費
12,300円(税込)【教本他6点】
資格受験料
5,000円(税込)【筆記・実技】
資格認定料
50,000円(税込)【二級着付講師認定証】

授業料は分割でお支払いいただけます。

1回払いの場合
手数料なし
2回払いの場合
手数料なし
3回払いの場合
手数料 1.0%

入会金、年会費、維持費等はございません。
お支払い方法は、現金・郵便振込の場合、授業料は1,2,3回払い(大学は2回迄)、受験料・認定料は1回払いです。
クレジットカードの場合は、すべて 1 ~ 10 回払いです。分割手数料は、各カード会社指定の手数料に依ります。

万一、中途で受講できなくなったときは、全回数の半分以下の場合は半額返金、その後はお戻しできません。
但し、6ヶ月未満で再入学された場合は納入済みの授業料は有効です。6ヶ月以上1年未満は半額、1年以上は全額頂きます。

カードの解約は、ご本人が直接信販会社へご連絡下さい。

生徒の声

-NEW-
冨島 喜美子様
インターン 研究科

2021年11月30日更新

「着物」に魅せられて

  一緒に研究科を受講している方と二人で、入門科のインターンに入らせて頂きました。「受講生の方々の後ろで一緒になって復習ができる!」と気楽な気持ちで通い始めました。
 いざ始まってみると前で指導なさっている先生の動きに合わせて自然と手が動いていたりして、受講生の方に負けないくらい必死になっていました。また毎回着物を着て行きますので、季節やお天気にあった装い、着方の勉強にもなり、改めてもっと着物について学びたいという意欲が湧いてきました。
  
 先生方の凛とした美しい着姿に惚れ惚れしながら私もそうなりたいという目標を掲げ、これからも一層お稽古に励みたいと思います。

-NEW-
清水 美知子様
大宮校 研究科

2021年11月30日更新

“ 70の手習い”です 

 嫁入り道具にと苦労して揃えてくれた着物。一人では着られず、義母に着付けてもらい祝い事で利用しただけ。仕付けの掛かったままの普段着や祖母の形見は眠ったまま・・・。罰が当たる!長年迷った末、着てみようと思い立ち、学院の門を叩きました。
 
 知識もなく覚えの悪い生徒を相手に先生方は根気よく丁寧に教えて下さり感謝です。追いつけず「待って下さい」も許され、二年も続けられました。着物に手を通せるようになっただけではなく、伝統文化にも造詣の深い先生方から多くのことを学ぶ機会になりました。
 10年早く始めていれば、と悔やまれますが、供養にはなったかしら。残された時間、“着物を学ぶ!″ことを楽しみたいと思っています。

-NEW-
酒井 こづゑ様
横浜校 研究科

2021年11月30日更新

Enjoy Kimono Life!

人生、何が起こるか分からないものです。まさか60代の私が着物でステージに立つなんて・・・
 2年前教室に通い始めた頃は、腰の病気でまともに歩く事ができませんでした。普通に歩けるようになって先生方のように美しく着物を着てみたいという想いでリハビリジムも頑張りました。

今年、ジムの先生のお薦めでミセスビューティコンテストの神奈川大会に出場しました。これは、着物を着る機会と思ったからです。その結果、60代の部で準グランプリとなり全国大会へ出場します。これからも自分が楽しいと思う事は挑戦したいと思います。着物がきっかけで人生が楽しくなりました。

中原 由美子 様銀座校 研究科

2021年6月19日更新

美しい和装文化

 より美しく着物を装いたいと入門いたしましたが、自装・他装のこつや様々な着物文化を深く知ることができ、毎回楽しい発見が続いております。
 
 私事ではありますが、西洋で生まれ発達したクラッシック・バレエを教え、舞台活動を継続しておりますが、日本人精神の根底にある文化を学ぶことは、日本人としてバレエに携わる上でも大切な事と感じております。手順を正しく、色彩に気を配り、上品に装う等々。多くの学びを大切にしながらバレエにも生かし、創作活動をしていきたいです。

 今後も楽しみながら、美しい和装文化を学ばせて頂きたいと願っております。

藤田 真由美 様立川校 研究科

2021年6月19日更新

私にとっての着物

 私にとって着物は、特別な日に必ず着物を着ていた母と普段から着物で生活をしていた祖母の姿を思い出すものでした。結婚をして子どもの卒業式に着てみようと試みましたが、自分で着ることが出来ませんでした。その時は何とか着て出席しましたが、月日が経ち子どもの成人式が近づいた頃、自分で着れる様になりたいと思い彩きもの学院に通い始めました。

 目標としていた成人式では自分で着る事が出来ました。学べば学ぶほど先生方の様に素敵に着物を着たいと思うようになりました。熱心に教えてくださる先生方や一緒に学ぶ仲間と日常を忘れ楽しい時間を過ごしながら、さらに着物についての知識を深めていきたいと思っています。

石上 敦子 様インターン 研究科

2021年6月19日更新

インターンをして

 「今日の午前中から始まった入門の授業で、インターンをしてみませんか。」と研究科の授業後、クラス四人に先生からお話がありました。うろ覚えのところがありスッキリ着こなせない私にとって、着付けの技術や手順を再確認できることは大きな魅力でしたし、二人ずつでというのも心強さがありました。

 インターンはきもの着用ですが、生徒さんに見られていると思うと、少しでも美しく着こなしたいという気持ちになりました。授業前に先生が手直しをしてくださったところを、次の回に参加するときには気をつけて着る様にしました。

 繰り返し学ぶ機会やきものを着て過ごす時間をいただきました。気軽にきものを着られる様になりたいと思っています。

荒 祐子 様大宮校 研究科

2020年10月5日更新

着物を着ることが一大行事にならないように

 私が「彩きもの学院」の門を叩いたのは、二つの出来事によるものでした。
① 温泉旅館で出された浴衣と半幅帯の着付けができず、帯にいたってはぐるぐる巻きにリボン結びで、いい年をして恥ずかしい思いをしたこと。
② 母が年を取り、腕が上がらないので、もう着物を他人に着せるのは無理だと言い出したこと。
 このままでは、五年前に新調した、新年会で一度着たきりのピンクの派手な着物が「五年着なければ、もう着ないでしょう…」となってしまう。
 そんな私ですが、わずか一年後の学院の新年会では、自分で着た着物姿で帝国ホテルのロビーを堂々と歩きました。それはまるで夢のような、少し誇らしい、素敵な体験でした。講師の田中先生の、「一大行事にならないように」という教えを胸に、一年通い続け、何とか基礎科を終了することができましたが、これからも折にふれて着物を楽しんでいきたいと思います。

小向 公子 様池袋校 研究科

2020年10月5日更新

自分を見つめ、高める年に

 3年前から茶道を始め、着物を自分で着られるようになりたいと思ったのがきっかけで、仕事帰りに通える池袋校を選びました。入門から基礎科へ進み、学んでいくうちに「和装を取り入れてかっこよく着たい」と思うようになりました。「研究科ではもっと着物がきれいに着られるようになりますよ」という先生方の言葉に進級を決意しました。
 授業では小衿と着物の衿がピタッと決まる感覚、帯の結び方、着物を身に付けた後の整え方など研究科ならではの「技」を楽しみながら学んでいます。
 今年は着物を着て出かけられるイベントが減ってしまいましたが、今が学びのチャンス、自己研鑽に励みたいと思います。

大園 貴子 様宇都宮校 研究科

2020年10月5日更新

私の将来の夢

 20歳から美容師を始め、結婚をし出産を経て、子育てが少し落ちついたとき、今後どのように働いていくか、どんな美容師になりたいか考えました。そんな時彩きもの学院の広告を見つけ着付けに興味があったので入門させて頂きました。 
 わからないことばかりで不安でしたが、先生方の美しい着物姿を見るだけでウキウキし、手捌きに憧れるようになりました。入門したばかりの頃「お母さんの将来の夢はなあに?」と突然娘に聞かれました。その時はハッとしましたが今は答えられるになりました。
 「娘の成人式で着付けとヘアメイクをすること」です。着物を一人で美しく着れるようになるのはもちろん、着付けも出来るように日々精進していきたいと思います。

薗部 美智代 様新宿校 研究科

2020年10月5日更新

娘の結婚式に留袖を着たい

 亡き母が嫁入り道具に持たせてくれた着物に「何とか日の目を」と思い、無料着付教室に思い切って申込みをしました。入学をして技術が伴なわない時に無謀ながら「娘の結婚式に留袖を着たい」とお願いして大訓練の末、晴れの日には自分で着る事が出来て、大満足でした。更なる目標は孫のお宮参りです。娘に附下げを着せて、ともに祝う事が叶い、お稽古にも一段と力が入ります。次に若い頃の着物を染めて仕立て直し、認定式やお食事会に着て第三の目標も達成する事が出来ました。
 先生方のステキな装いに憧れ、塩沢紬の研修、組ひも講座、彩の市と多彩な行事に新しい世界が広がり、60の手習いで、一つ覚えたら一つ忘れるといった調子ですが、「今しかできないよね」と励まし合える仲間と続けています。奥の深い学びの日々を、これからも楽しみたいと思います。

斎藤 福代 様大宮校 研究科

2019年12月11日更新

和のライフスタイル

亡くなった母の着物を譲り受け、着てみようと思い立った時に彩きもの学院に出会いました。先生方の美しい着姿や凛とした立ち振る舞いに接して、母の思いの詰まった着物をもっと綺麗に着たいと思うようになりました。
入門科から再度勉強させて頂くことが出来るインターン制度を利用して技術の確認の大切さを学んでいます。
結城・塩沢への織りの研修の参加や大学の授業の一環として歌舞伎鑑賞、学院で知り合った友人達と着物で出かけたりと着物を楽しむ時間が増えました。
私のライフスタイルの一つとして着物を取り入れ知識を吸収し、後輩の方々と接するなかで少しでも先輩らしい着姿になりますよう精進致します。

堀内 道子 様松戸校 研究科

2019年12月11日更新

七十四才の手習い

平成二十一年から続けて、身近な人達を見送り心が折れてしまいそうでした。そんな時彩きもの学院の広告が目に止まりました。自分で着ることが出来たらと思いながらも二の足を踏んでいた私に、妹が「一歩も踏み出さないで何をしているの」と叱咤激励してくれました。その一言に火がつきすぐ電話をしました。教室に通い始め何日目かの時、覚えの悪さを嘆くと先生は「大丈夫ですよ」と優しく接してくれて、助講師さんと二人で息の合った指導をして下さいました。
帝国ホテル、塩沢訪問、認定証授与式など今まで経験する事もなかった事を皆さんと楽しくできた事に感謝しています。若い方は忙しい中、工夫して通っていると思います。「着付けは貴女の財産です」先を楽しみに参りましょう。

カリキュラム

『持ち物』については、以下のものは括弧内のもの全てを含めたものを指します。

  • きもの(足袋、裾よけ、肌襦袢、長襦袢、きもの、前板)
  • 帯(各種帯、ガーゼ、帯揚げ、帯締め、仮ひも)
  • 小物(クリップ、ファンデーション、金具付伊達締め、タオル)
第1回
半衿のつけ方その1 バイヤス半衿・芯を使って
持ち物
長襦袢、裁縫道具
第2回
半衿のつけ方その2 帯枕カバーの作り方
持ち物
長襦袢、裁縫道具、ガーゼ
第3回
下着と補整の見直し・長襦袢の着方、自分の寸法
持ち物
長襦袢、裁縫道具、小衿芯、綿花、ガーゼ
第4回
ふだん着の着方・クリップで作れる名古屋帯のお太鼓(実技と説明)
持ち物
きもの、名古屋帯、お太鼓枕、小物一式
第5回
ふだん着の着方・クリップで作れる名古屋帯のお太鼓結び
持ち物
きもの、名古屋帯、お太鼓枕、小物一式
第6回
外出着の着方・クリップで作れる袋帯の二重太鼓
持ち物
きもの、袋帯、お太鼓枕、小物一式
第7回
外出着の着せ方(ひも使い)
持ち物
きもの、重ね衿、コーリンベルト、綿花、タオル、腰ひも4本、大・小クリップ
第8回
外出着の着せ方と手結び二重太鼓
持ち物
きもの、袋帯、コーリンベルト、腰ひも、大・小クリップ
第9回
フォーマル用帯結び「日の出太鼓」
持ち物
紋のついたきもの、袋帯、お太鼓枕、仮ひも、クリップ
第10回
外出着の着方と袋帯の柄合わせ
持ち物
きもの、袋帯、教材枕、クリップ
第11回
フォーマルの着方 クリップで作れる袋帯の二重太鼓
持ち物
フォーマルのきもの、重ね衿、袋帯、クリップ
第12回
振袖の着せ方(ひも使い)
持ち物
重ね衿、コーリンベルト、綿花、タオル、腰ひも4本、伊達締め2本、大・小クリップ
第13回
ふくら雀
持ち物
袋帯、変化枕、後板、仮ひも、輪ゴム3本
第14回
重ね扇
持ち物
袋帯、変化枕、三重ひも、後板、輪ゴム4本
第15回
フォーマルの着方 クリップで作れる袋帯の二重太鼓
持ち物
フォーマルのきもの、重ね衿、袋帯、クリップ
第16回
女袴のつけ方
持ち物
きもの、半幅帯、綿花、タオル、重ね衿、コーリンベルト、腰ひも5本
第17回
七五三 三才・五才の着つけ
持ち物
クリップ
第18回
七五三 七才の着つけと帯結び「わらべ」
持ち物
カラーバンド、三重ひも、輪ゴム、クリップ
第19~第21回
振袖の着せ方「ふくら雀」
持ち物
12回、13回の持ち物
第22回
二級着付講師認定実技試験
持ち物
12回、13回の持ち物
第23回
T.P.O 筆記試験、きものの手入れ
持ち物
筆記用具、教本
第24回
フォーマルの着方 クリップで作れる袋帯の二重太鼓
持ち物
きもの、重ね衿、袋帯、クリップ
第25回
留袖の着せ方・手結び二重太鼓
持ち物
留袖、袋帯、コーリンベルト、腰ひも、クリップ
第26回
着方の確認(衿付け・着方の見直し)
第27回
総練習