各校紹介

宇都宮校

美しく着る、
本物の技術を学ぶ

〒320-0026
栃木県宇都宮市馬場通り2丁目1-1
NMF宇都宮ビル3F

TEL 028-610-0577

宇都宮校
講師のご紹介

女性を魅せるきもの。
着付けの技術を未来に伝える。

 きものは年齢に関係なく、女性を美しく、また着ている人の心を豊かにしてくれます。
 技術を学び、極め、日本の伝統文化、きものを未来に伝えて参りましょう。
 彩きもの学院の着付けは簡単に早く長時間着ていても苦しくなく、着崩れしない着方です。
 きものに興味のある方、ぜひお越しください。宇都宮職員一同お待ちしております。

宇都宮校 校長   小針 トモ子

Profile

宇都宮校 校長   小針 トモ子

趣味や特技
・旅行
・ゴルフ・テニス
・トレッキング
・野球観戦
・ステンドグラス
座右の銘
・今を生きる
・初心を忘れない事
講師として大切にしている事
・きものを自分だけで楽しむのではなく、まだ着られない人たちに伝えたいと同時に、日本の伝統文化を未来に広めたいと思いました。

・生徒さんとのコミュニケーションを心がけ教室の授業が明るく、楽しい一時になることを心がけております。
「きもの」との出会い/「彩きもの学院」との出会い
年齢を重ねたある日、母にもらったきものがタンスに眠っていることに気づきました。
自分できものが着られたらと思っていた時、学院の入門募集の折り込みチラシに目が留まりました。それを見て、すぐに申込み今に至っております。
今では私にとって、きものはなくてはならない、生活の一部になっております。

今井 康子 講師

趣味や特技
・泳ぐこと
・ドライブ
座右の銘
好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる
(ウォルト・ディズニー)

山本 松枝 講師

趣味や特技
・気功(リフレッシュ効果があり癒されています)
・プリザーブド・フラワー
・デコパージュ
座右の銘
‟大丈夫”
2・3回言ってみると元気が出ます

講師たちも、初めは同じ入門科の生徒でした。

当学院の講師は、かつては入門科から始めた元生徒です。
生徒だった頃の苦労や不安な気持ちが分かるから、
生徒の気持ちに寄り添いながら丁寧に指導いたします。
どなたでも自分の着付けがしっかり身につきます。

入門科はこちら

愉しみの学び舎として

宇都宮校へのアクセス

東武宇都宮駅から徒歩4分
県庁前バス停下車 徒歩0分

大通り沿い・二荒山神社近く
1F野村證券の入るビル

経路案内

東武宇都宮駅を出て、オリオン通り商店街に入ります。

市民広場(オリオンスクエア)を過ぎ、「オリオン通り」交差点を左折。

中央通りを県庁方面に向かうと、すぐ右手に見える「野村證券」ビルです。

「本町」交差点を右折して到着。
「県庁前」のバス停が目の前です。

着付け教室があるとは思えないスタイリッシュなビル「NMF宇都宮ビル」の3Fです。

宇都宮校
受講料無料の入門科
近日の開講日

宇都宮校では、<2ヶ月全8回>
着付け教室「入門科」の受講生を募集中。
普段着・ゆかた・フォーマル・手結びの帯まで
着付けのポイントを丁寧に教えます。

宇都宮校

A:午前クラス 10:30 ~ 12:00

  • 空きあり 毎週金曜日 2021/11/26 より
    申込む

B:午後クラス 14:00 ~ 15:30

  • 残りわずか 毎週金曜日 2021/11/26 より
    申込む

C:夜クラス  19:00 ~ 20:30

  • 空きあり 毎週金曜日 2021/11/26 より
    申込む

開講コース・入学に関するお問い合わせは

0120-073-005

にて受付中です。

(平日9:00〜20:30 / 土曜日9:00〜17:30)

生徒の声

-NEW-
渡辺 美加 様
宇都宮校 基礎科

2021年6月19日更新

潤いある人生に

 着物は全く無知の世界でした。以前から着物に興味があった事と、亡き義母の着物が箪笥に眠っていたことが「やってみよう!」と思ったきっかけです。

 入学当初は、「着られたら終了」という軽い気持ちでした。ところが、学べば学ぶ程奥深く難しい。 けれど楽しい世界であり、「着られたら終了」では物足りなくなって しまいました。また、この教室に入学して、共に学ぶ楽しさを共有できる仲間に出会えました。

これから先の人生、潤いのある生活を過ごすために、着物は欠かせないものになりました。三年、五年、十年と先生方の様な「カッコ良くて素敵な着物美人」を目指して、日々精進して参ります。

-NEW-
藤榮 薫 様
助講師 きもの大学

2021年6月19日更新

学ぶ事の喜び

 子どもの時から着物が大好きで、機会がある度に着付けをしてもらっていました。自分で着られたらという思いから、自分磨きの一つとして、彩きもの学院の門を叩きました。一年後、何とか一人で着られるようになり、孫の七五三は着物でお詣りしました。

 助講師講座では、より美しく着るためのポイントを学ぶ事ができました。孫の七五三の時の写真やインターンとして伺う時に撮った写真の着姿の変化は学んで得たことの表れです。

 これからも憧れられるような着物姿になれるように、また伝えられるように自らの学びを深めていきたいと思います。

大園 貴子 様宇都宮校 研究科

2020年10月5日更新

私の将来の夢

 20歳から美容師を始め、結婚をし出産を経て、子育てが少し落ちついたとき、今後どのように働いていくか、どんな美容師になりたいか考えました。そんな時彩きもの学院の広告を見つけ着付けに興味があったので入門させて頂きました。 
 わからないことばかりで不安でしたが、先生方の美しい着物姿を見るだけでウキウキし、手捌きに憧れるようになりました。入門したばかりの頃「お母さんの将来の夢はなあに?」と突然娘に聞かれました。その時はハッとしましたが今は答えられるになりました。
 「娘の成人式で着付けとヘアメイクをすること」です。着物を一人で美しく着れるようになるのはもちろん、着付けも出来るように日々精進していきたいと思います。

田谷 万貴子 様宇都宮校 きもの大学

2020年10月5日更新

頑張る後ろ姿を見せていきたい

「ただいま」と大きな声で小学校五年生の姪が帰ってきました。「あのね今日クラブに入ったんだ。何だと思う?」「うーん卓球かな」「新しくできた日本文化クラブに入ったの。今日ゆかた着たんだよ」と笑顔の姪。
 私は学院に通い出して三年、きもの大学で学び入門の授業にも助講師として参加させていただいています。授業が終わり帰るたびに姪に「写真を撮って」と言うと「えー、面倒臭い」「着物を着せてあげる」と言うと「しょうがないな」とつれない返事。
 その姪が自分でゆかたを着れる様になりたいと。いつか私も先生の様に的確に楽しく教えられる様になりたいと。二人の思いがかなう様に。そして一人でも着物が着てみたいと思う人が現れる様、頑張っていきたいと思います。

近江屋 末子 様宇都宮校 基礎科

2019年12月11日更新

美しい着物姿をめざして

※向かって右端の方がご本人
七十才で仕事を離れ、毎日が暇になった私は着物をひとりで着られたらいいなと思い彩きもの学院に入門致しました。帯のたれ、手先みみ、輪など何もわからない私は、戸惑う事ばかりでした。皆さんと一緒についていけないどうしても出来なくて自身を失いかけた事もありました。今日習った事の復習をしようと、ボディをタオルで代用し手順を確かめる為練習をしました。
認定式で校長先生と講師の方から「おめでとう」と認定証を手渡された時は、舞い上がる程の嬉しさでした。
先生、スタッフの方、一緒に学んだ生徒さんに励まされここまでこれた事に感謝の気持ちで一杯です。これからは「美しい着物姿」を目標にお茶会、観劇、お食事会など行かれる日を楽しみにゆっくり学んでいきたいと思います。

鎌草 光子 様宇都宮校 きもの大学

2019年6月1日更新

ゆっくり マイペースで これからも

※向って右から3番目の方がご本人
20代の時、一度着付けを習ったことがありましたが、手結びが出来なくて辞めてしまいました。今度こそはと思い勇気を出して入門コースに申し込みました。先生方のコーディネートに憧れ、その着姿を追い求める内に今では大学生になり、お友達も出来、色々なイベントにも参加したりと、充実した日々となりました。
今でも、着付けはまだまだですが、「娘の結婚式に自分で留袖を着る」という私の一番の夢を5年前に実現できてとても嬉しかったです。その後、孫のお宮参りと着物を着る機会が出来て習っていてよかったと思います。これからも、ゆっくりと自分のペースでお教室に通い続けたいです。

受講のお申し込み