各校紹介

立川校

美しく着る、
本物の技術を学ぶ

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-12-24
MK立川南ビル4F

TEL 042-548-9778

立川校
講師のご紹介

自分だけでなく、周りも楽しくなる。心を豊かにしてくれるきもの

きものは四季を有する日本独特の美意識、日本文化そのものです。身にまとうことによって自分ばかりでなくまわりの人々の目をも楽しませ、心を豊かにしてくれます。女性らしく、しとやかに凛としたきもの、非日常感を味わうことのできるきもの、私たちと一緒に大和なでしこを目指しませんか?

立川校  校長   阿部 幹子

Profile

立川校  校長   阿部 幹子

趣味や特技
日本舞踊
座右の銘
七転八起
講師として大切にしている事
大好きなきものを続けてきた結果、講師の道へ進むことになりました。常に笑顔で接すること、生徒さんとのコミュニケーションを大切にしています。
「きもの」との出会い/「彩きもの学院」との出会い
趣味の日本舞踊のお稽古で必要となり着付けを習い始めました。学院の楽で着崩れのしない美しい着付けにはまり今では着物が中心の生活を楽しんでいます。

小笹 矩子 講師

趣味や特技
・スキー
・茶道
座右の銘
為せば成る、為さねばならぬ何事も

宮川 千代美 講師

趣味や特技
・手芸
・お茶(煎茶)
・フラメンコ
・読み聞かせ(ボランティア)
座右の銘
「意思のある所に道がある」
(リンカーン)

講師たちも、初めは同じ入門科の生徒でした。

当学院の講師は、かつては入門科から始めた元生徒です。
生徒だった頃の苦労や不安な気持ちが分かるから、
生徒の気持ちに寄り添いながら丁寧に指導いたします。
どなたでも自分の着付けがしっかり身につきます。

入門科はこちら

愉しみの学び舎として

きもので一緒に出かけたくなる 励ましあえる仲間との出会い


気楽にどんどんきもので出かけて欲しいから
当学院は純粋な学びと楽しみの場を提供しています。刺激的なきもの仲間との出会いを通して
ともに奥行きのある着付けの世界へ
一歩踏み出してみませんか?

立川校の
最近の活動PickUp

立川校へのアクセス

JR立川駅南口から徒歩4分
モノレール立川南駅から徒歩1分

立川南通り沿い・いなげやの入るビル

経路案内

立川駅南口です。駅を出てコンコースを真っ直ぐ進みます。

多摩都市モノレール立川南駅まで進み、エスカレーターを降ります。

真っ直ぐ進み、角にコンビニ(ファミリーマート)がある交差点を右折します。

「公証役場前」交差点の明治安田生命のビルです。

「MK立川南ビル」の4Fです。※1Fはスーパーマーケット「いなげや」

立川校
受講料無料の入門科
近日の開講日

立川校では、<2ヶ月全8回>
着付け教室「入門科」の受講生を募集中。
普段着・ゆかた・フォーマル・手結びの帯まで
着付けのポイントを丁寧に教えます。

立川校

A:午前クラス 10:30 ~ 12:00

B:午後クラス 14:00 ~ 15:30

C:夜クラス  19:00 ~ 20:30

開講コース・入学に関するお問い合わせは

0120-073-005

にて受付中です。

(平日9:00〜20:30 / 土曜日9:00〜17:30)

生徒の声

永井 志保様立川校 基礎科

2019年12月11日更新

息を吹き返す母の着物

※向かって右の方がご本人
断捨離をしようと思った時の第一候補がお着物でした。大半が母の物でしたので、処分していいか確認すると「私が生きているうちは処分しないで・・」と言われ、母の想いが詰まった着物である事を再確認。そこで、お着物の事を知りたい・学びたい・着てみたいと思い、お教室の門戸をたたきました。
 恥ずかしい位何もわからない私。先生の一言一句全てが新鮮で、学ぶ事の楽しさを実感しております。奥の深い着物の世界。まだ入口に立ったばかりですが、お教室の仲間と楽しみながら学ばせて頂きます。
 断捨離をしようと思っていたお着物が、一つ一つ息を吹き返しました。母に着物姿を見せれるように頑張ります。

滝島 孝枝様立川校 経営科

2019年6月1日更新

始まりは孫、でも今は私

 お噺子を始めた孫に、自分で着物を着せてあげたいと云う想いから着付けを習い始めました。授業の度に先生方の美しい着姿を見るにつけ、いつか私もそうなりたいと憧れを抱きました。
 着物を着てお稽古に通えるようになり、入門科からの友と一緒に楽しく学べる事や、一つひとつ丁寧に教えてくださる魅力に満ちた先生方がおられる事が嬉しくて、気が付けば経営科まで進んでいました。
 着付けを習うほどに「着物」の魅力や奥深さを感じ、着物に対する畏敬の念が深まって愛しく思える今日この頃となりました。
 単に着物を着せるだけでなく着物の魅力や知識を娘や孫に伝えていきたいと思います。

佐々木 奈津子様立川校 研究科

2018年11月22日更新

着物を学び着る喜び

 広告に掲載された彩きもの学院の入門科に軽い気持ちで申し込んだ私ですが、学べば学ぶ程奥深く興味の尽きない着物の世界に魅了され、気づけば約一年半余り、研究科まで進ませて頂いております。当科ではより着物を身近に感じられる様になり、一人で出来る事も増え、続けることの大切さを感じています。

 慌ただしく忙しい毎日を送っている私にとって学院での授業は、一時日常を忘れ集中できる大切な時間になっております。
 
マイペースにではありますが、これからも講師の方々の大きな力をお借りして、知識や技術を増やし、将来の素敵な着物ライフを夢みて、楽しみながら着物と関わっていけたらと思っております。

受講のお申し込み