各校紹介

新宿校

美しく着る、
本物の技術を学ぶ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-12
昇立西新宿ビル3F

TEL 03-5348-0213

新宿校
講師のご紹介

身にまとうことで心を豊かにしてくれる

四季の豊かな色と伝統文様をもつ美しいきもの、魅力的だからこそ、よそいきなものと躊躇ってしまうのかもしれません。もっと気楽に普段の生活にきものを取り入れてみませんか。一人で着られるようになると世界が広がり、生活に張りと新しい楽しみも生まれます。素敵な未来を夢見てください。出会いを心よりお待ちしています。

新宿校  校長   三浦 由貴

Profile

新宿校  校長   三浦 由貴

趣味や特技
茶道、フルート
座右の銘
一生懸命
講師として大切にしている事
きものを知ることは日本文化を理解すること、私がこの学院で学び経験したことを一人でも多くの方に伝えたいと思うようになりました。丁寧で分かりやすい授業をモットーにお教室では日常から離れてきものの世界に浸れるひと時であってほしいと願っています。
「きもの」との出会い/「彩きもの学院」との出会い
幼い頃、きもので生活し着物を大切に扱う祖母にきものの良さを教わりました。彩きもの学院に出会い、きものの技術や知識を得られた事はもちろんですがきものを通じて心豊かな方々と知り合えたことは私の何よりの喜びです。きものを着るということは時間と手間の掛ることかもしれませんが忙しい日常にあって自分に愛情をかけ丁寧に生活するのはとても大切なことだと感じています。

齋藤 美佐子 講師

趣味や特技
・手芸
・裁縫
座右の銘
「コツコツやるのが自分に勝つコツ」
夢を捨てることは希望を捨てることだ、希望を失えば人には何も残らない。(タイガー・ウッズ)

田中 文子 講師

趣味や特技
・ハワイアンキルト
・ママチャリサイクリング
・鼓
座右の銘
「やってみなければわからない」
楽しいことを楽しみたい!!

五十嵐 衣子 講師

趣味や特技
・スポーツ観戦
・料理
・お花
・旅行
座右の銘
‟今からここから 明日はあてにならぬから”
相田みつを

内田 弘子 講師

趣味や特技
・読書
・自然の中でボーっとすること
座右の銘
「和して同ぜず」

天野 実佐麻 講師

趣味や特技
・読書
・日本舞踊
・観劇
・旅行
座右の銘
‟他人のしたこと、しなかったことを見るな。
ただ、自分のしたこと、しなかったことだけを見よ。”
(ブッダ)

講師たちも、初めは同じ入門科の生徒でした。

当学院の講師は、かつては入門科から始めた元生徒です。
生徒だった頃の苦労や不安な気持ちが分かるから、
生徒の気持ちに寄り添いながら丁寧に指導いたします。
どなたでも自分の着付けがしっかり身につきます。

入門科はこちら

愉しみの学び舎として

きもので一緒に出かけたくなる 励ましあえる仲間との出会い


気楽にどんどんきもので出かけて欲しいから
当学院は純粋な学びと楽しみの場を提供しています。刺激的なきもの仲間との出会いを通して
ともに奥行きのある着付けの世界へ
一歩踏み出してみませんか?

新宿校の
最近の活動PickUp

新宿校へのアクセス

JR新宿駅西口から徒歩5分

小滝橋通り沿い・西新宿七郵便局向い

経路案内

JR他各線新宿駅西口・地上出口より、小田急ハルク方面に向かいます。

青梅街道(新宿大ガード西交差点)を大久保駅方面に渡ります。

徐々にセブンイレブン・すき家などが左手に見えてきます。

Tully’s Coffeeを越えたら到着。小滝橋通り沿いのビルです。

「昇立西新宿ビル」の3Fです。
※ビル1Fは「なか卯」

新宿校
受講料無料の入門科
近日の開講日

新宿校では、<2ヶ月全8回>
着付け教室「入門科」の受講生を募集中。
普段着・ゆかた・フォーマル・手結びの帯まで
着付けのポイントを丁寧に教えます。

新宿校

A:午前クラス 10:30 ~ 12:00

B:午後クラス 14:00 ~ 15:30

C:夜クラス  19:00 ~ 20:30

開講コース・入学に関するお問い合わせは

0120-073-005

にて受付中です。

(平日9:00〜20:30 / 土曜日9:00〜17:30)

生徒の声

薗部 美智代 様新宿校 研究科

2020年10月5日更新

娘の結婚式に留袖を着たい

 亡き母が嫁入り道具に持たせてくれた着物に「何とか日の目を」と思い、無料着付教室に思い切って申込みをしました。入学をして技術が伴なわない時に無謀ながら「娘の結婚式に留袖を着たい」とお願いして大訓練の末、晴れの日には自分で着る事が出来て、大満足でした。更なる目標は孫のお宮参りです。娘に附下げを着せて、ともに祝う事が叶い、お稽古にも一段と力が入ります。次に若い頃の着物を染めて仕立て直し、認定式やお食事会に着て第三の目標も達成する事が出来ました。
 先生方のステキな装いに憧れ、塩沢紬の研修、組ひも講座、彩の市と多彩な行事に新しい世界が広がり、60の手習いで、一つ覚えたら一つ忘れるといった調子ですが、「今しかできないよね」と励まし合える仲間と続けています。奥の深い学びの日々を、これからも楽しみたいと思います。

三角 純子 様新宿校 きもの大学

2020年10月5日更新

装う喜び

※一番右側の方
 いつの日かと胸に秘めていた着付け、子育ても一段落し定年退職したタイミングで彩に出会いました。先生方の上品で粋な着姿にまずは感銘を受けました。そして彩の所作は一手一手に理由が有り無駄が無い事に驚き、素直に聞き忠実に倣う事が大切だと教えて頂きました。直線裁ちの着物が折り紙を折る様に立体になっていくのはとても魅力的です。
 大学では、着物で出掛ける歌舞伎や展覧会、さらなる技術・工夫・コツを学べる授業を楽しんでいます。助講師講座は、着方の見直しと、他校の方との交流を持つ機会に恵まれ充実した時間を過ごす事が出来ました。いつも私達が着物に親める様考え支えて下さる学院の皆様の熱意に感謝し、美しい着姿をめざし学んでゆきたいと思います。

横川 文嘉 様新宿校 きもの大学

2019年12月11日更新

和を楽しむ

茶道を習っている私は、普段のお稽古やお茶会などで着物を着る機会が多くなります。長時間着ていると、いつも着崩れしてしまい、着崩れしない且つ美しい着方を習いたいと思い、彩きもの学院に入学致しました。
基礎から学び、毎回のレッスンで先生の教えに目から鱗が落ちるような気持ちになり、着方だけでなく着物の素晴らしさ、楽しさ、奥深さに夢中です。気付いたら長丁場のお茶会でも着崩れもなく、周りからの褒め言葉もよく頂くようになり、確かな手応えを感じています。これは全て彩きもの学院に出会えたお陰だと感謝しております。
学院の大学生になり、先輩方との交流、お仲間と着物でのお出かけ会など、日々和を楽しみながら、着付けの知識や技術を学んで、精進していきたいと思います。

中村 明子 様新宿校 基礎科

2019年6月1日更新

美しい衿元で街を歩けるよう練習を重ねてます

20代から着物が好きで、機会があれば自己流で着たり、娘たちに着付けもしてきました。着物から遠ざかり忘れかけていた頃、学院に出会い、先生方の教え方が統一されていること、美しい着物姿、季節にあった着物のお話に感激しました。先生の着姿はまさに芸術・匠の技でうっとりしてしまいます。
教室は和気あいあい仲間との時間が楽しく、時には着物で食事や観劇の時間も作り、おでかけしています。着物はどんな高価な宝石より華やかです。そして美しく着ていることが一層人の目を引きます。自信を持って着物で歩けるように、先生方の着方・所作に少しでも近づけるよう、練習を重ねていきたいと思っています。

佐藤 典子 様新宿校 基礎科

2018年11月22日更新

大人のたしなみを目指して

※真ん中の方がご本人
桜の季節に着物を着て美術館へ行きましょうとお誘いいただいた事がありました。二十数年前に着付けを少しだけ習っていたので着れるかと思っていたら、すっかり忘れており、なかなか着られずにお待たせしてしまいました。

着物姿でお出掛け出来るとすてきだなと思い、たまたま目に付いた入門コースに申込みしました。もう少しスムーズに着られるようになりたいと基礎科に進級し、少しずつですが習得中です。自主練も兼ねて着物を着てお稽古に行く事も出来るようになりました。お着物を着てお出掛けしましょうと誘って下さった先輩のおかげです。

大人の女性のたしなみとして、着付けの技術を磨き、次は旅先での着物姿にチャレンジしたいと思っています。

受講のお申し込み