各校紹介

横浜校

美しく着る、
本物の技術を学ぶ

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-11
NMF横浜西口ビル2F

TEL 045-322-9711

横浜校
講師のご紹介

着物のおしゃれを楽しまないなんて、もったいない!

人生の節目にはきものを着ましょう。ちょっとしたお出かけにもきものを着ましょう。何を着ていこうかと思う時も迷わずきものを着ましょう。着物で出かけるとまわりの景色も違って見えます。着物を着て人生を楽しみましょう。女性としてきもののおしゃれを楽しまないなんてもったいないですよ!

横浜校  校長   金井 紀代美

Profile

横浜校  校長   金井 紀代美

趣味や特技
茶道
座右の銘
全力傾注
講師として大切にしている事
きもの文化のすばらしさを多くの人に感じてほしい!きもの仲間を増やしたいと思って講師を続けています。
「きもの」との出会い/「彩きもの学院」との出会い
きものを着るときは季節感を大切にしています。季節の移り変わりに敏感になり気持ちまでも優しく豊かになります。

城山 恵美子 講師

趣味や特技
・かな書道
・水引細工
座右の銘
今出来ることを精一杯

木村 眞貴子 講師

趣味や特技
・ウインドウショッピング
・読書
座右の銘
教える事は教わる事

目黒 美登利 講師

趣味や特技
・琴
座右の銘
一期一会
(縁を大切に。今出来ることを惜しみなく!)

清水 美夏 講師

趣味や特技
・読書
・旅行
・ヨガ
座右の銘
努力を惜しまず相手への思いやりをもって接する

講師たちも、初めは同じ入門科の生徒でした。

当学院の講師は、かつては入門科から始めた元生徒です。
生徒だった頃の苦労や不安な気持ちが分かるから、
生徒の気持ちに寄り添いながら丁寧に指導いたします。
どなたでも自分の着付けがしっかり身につきます。

入門科はこちら

愉しみの学び舎として

横浜校へのアクセス

JR横浜駅西口から徒歩4分

りそな銀行隣り・横浜信用金庫向い
Kinko’sの入るビル

経路案内

横浜駅西口を出て正面、地下街「ジョイナス(旧ダイヤモンド)」へ降ります。

インフォメーションを越え、「ダイヤキッチン」を右手に地下街を直進します。

Sheraton Hotel(シェラトンホテル)、有隣堂書店の方角に向かいます。

YURINDO(有隣堂)書店の案内に沿って直進します。

有隣堂コミック王国を越え、左手のガラス自動ドア「南8番出口」より地上へ。

出口左手には東京スター銀行があり、正面の「りそな銀行」に向かいます。

「りそな銀行」の建物の左隣、風格のある薄茶色のビルです。

「NMF横浜西口ビル」の2Fです。
※1Fは「三菱UFJ証券」

横浜校
受講料無料の入門科
近日の開講日

横浜校では、<2ヶ月全8回>
着付け教室「入門科」の受講生を募集中。
普段着・ゆかた・フォーマル・手結びの帯まで
着付けのポイントを丁寧に教えます。

横浜校

A:午前クラス 10:30 ~ 12:00

  • 残りわずか 毎週水曜日 2021/11/24 より
    申込む

B:午後クラス 14:00 ~ 15:30

C:夜クラス  19:00 ~ 20:30

開講コース・入学に関するお問い合わせは

0120-073-005

にて受付中です。

(平日9:00〜20:30 / 土曜日9:00〜17:30)

生徒の声

新井 由美子 様横浜校 きもの大学

2021年6月19日更新

大学生の楽しみ

 私は大学生です。いい響きですね。この制度のおかげでとても楽しい経験を沢山してきました。

歌舞伎や大相撲の鑑賞に着物で行ったり、憧れのホテルでのお食事会。着物姿の集団は圧巻です。結城紬や塩沢紬の産地に行って糸から勉強するなど、今までの生活では考えられなかった世界に触れることができました。一通り自装することが出来るようになって終わりではなく、着付けてお出かけする機会を設けていただけるから、大学生は辞められないのです。

 現在の悩みは、コーディネートです。着物と帯は比較的すぐに決まるものの、合わせる帯揚げと帯締めの色合いが中々悩ましい。
その時の気分で変わるのも楽しいといえば楽しいのですが・・・精進あるのみですね。

鈴木 礼子 様助講師 きもの大学

2021年6月19日更新

出会いと感謝

 「体験だけでもどう?」と母にフリーペーパーの切り抜きを見せられ、着物の「き」の字もわからないまま、親孝行のつもりで入門の申込をしました。

 先生は準備から片付けまで幾度も丁寧に教えてくださいました。分かりやすい授業は続き何ひとつ知らなかった私がきもの大学に在籍している事に、母、私共に驚いています。
助講師講座や着つけ舞いに参加させて頂き、他の校の方々と交流することができました。アドバイスを頂き知人に着付けをすることもできました。

 このようにここ数年で貴重な経験を沢山させて頂いております。ご指導くださる先生方や優しく接してくださる先輩方、学院と出会わせてくれた母にも感謝の念が絶えません。今後ともよろしくお願いいたします。

寺島 あかね 様横浜校 基礎科

2020年10月5日更新

和装文化を知る旅

 海外を旅した経験から、日本人とは何か?という疑問が私の中にあります。日本人であっても知らない、日本の文化は山程。和装はその一つで、全く遠い存在でした。それが、祖母と一緒に暮らすようになって、着物との距離感が変わりました。祖母が喪服で外出したり、私に和服を着せてくれたり。時折、和装が暮らしの中に現れるようになりました。

 そして彩へ。以前はまるで外国語を聞くようだった、ナガジュバン、オビアゲの様な、基本的な着物用語も分からず。和服って謎!という底辺からのスタートですが、優しい先生方に助けて頂いています。まだ手直しが必要なレベルではありますが、着て遠出しようと思える程になりました。旅はまだ続きます。

伊東 志乃 様横浜校 きもの大学

2020年10月5日更新

和服美人に憧れて・・・

 幼い頃、母に連れられ入った呉服屋で、巻かれた反物が広げられた瞬間に、様々な色や柄が絹の光沢と重なりとても綺麗で輝いて見えたのが、着物を好きになるきっかけでした。
 大人になり少しずつ着物を揃えて行く中で、反物になるまでの工程や作り手の想いを知り、着物は身に着けてこそ価値があり、携わった人々の喜びとも伺い、機会がある度に着物を着るようにしていました。

 その一方で、気に入った素敵な着物を着ているはずなのに、着姿に自信の無い自分がいて、綺麗な着物姿の方を見かけると、あんなふうに自分もなりたいなぁ~と、ずっと憧れていました。ようやく、自分自身の時間を持てるようになり、基礎から着付けを学び、美しい和装姿を目指して学院に入学しました。

 基礎をしっかり学べ、確かな技術の所得を目指したカリキュラムに沿った授業は、少しずつ私の自信へと繋がり、現在大学生となりインターン、助講師講座も受講させて頂き更に 技術の向上を目指しています。
 また、助講師として新たな着物仲間と出会い、共に学べる楽しみを感じながら、充実した時間を学院で過ごさせて頂いています。
 まだまだ、学ぶ事は沢山あります。いつの日か、私の着物姿に憧れてもらえるように・・・

阿部 周子 様横浜校 経営科

2019年12月11日更新

装う

子供の頃、母は着物姿が常でした。母が亡くなり残っているのは箪笥の着物。断捨離という言葉が頭をかすめ、着物のことを知らなければと、彩きもの学院に通い始めました。
帯の後がわからない、上手に結べるように綺麗にしたい。目標は高くなっていきました。
でも、困難が待っていました。かつて通った料理教室でも感じていましたが、私はゆっくりで不器用。手順をおさらいするのが精一杯。覚えきれない。それが頭で覚えるのではなく体で覚えると気づいた時、少しスムーズに着れる様になりました。
未だ目標達成には至りませんがご指導を受け、美しく装うことに喜びを感じています。

熊谷 砂織 様横浜校 きもの大学

2019年6月1日更新

十二単衣と私

着物が「美しい」と思ったのは、幼い頃目にしたかぐや姫の絵でした。「十二単の華やかさ、なんてきれいんだろう!」それを知ってか知らずか、母は高校生の時に縁結びで有名な神社で拝まれたという小紋と帯、結婚する時に訪問着と帯、家紋の入った喪の着物(袷、絽)、そして今後必要になるであろう着物と想いを私に与えてくれていました。「なのに、一人で着れない、なんてことだ!!急がねば」時間がある今しかないと思った矢先に「彩きもの学院」との出会いです。現在、大学生となりましたが、
進めば進む程、着物は魅力的です。まだまだ未熟ですが、今後は振袖、花嫁の着つけ等々、人に着せる技術も上達したいです。

いつの日か十二単を夢見て。

受講のお申し込み