彩・きもの通信

着て出かける

お茶会  / 恭慶館

2013.03.17

閑静な浦和北公園内に立地する「恭慶館」
我が国の伝統文化の普及、及び伝承を図り市民文化の向上に寄与するための伝統文化館として、末永く親しまれています。
そんな由緒ある恭慶館にて、大宮校・川口校合同でお茶会を開催いたしました。

茶道とは

「茶の湯」はお茶を飲むという行為を芸術まで高めた日本の伝統文化です。
茶道では、季節や趣向に応じて道具やお菓子を選びます。茶道具は茶席の様子と調和させることが大切であります。

作法の実践

講師は彩きもの学院横浜校の講師でもある、裏千家・天野先生です。
入室作法から茶道具の扱い方、お運びなどを学びました。
茶道は日本の伝統文化であり、幅広い分野にまたがる総合芸術であります。

SHARE
前のページ
次のページ