彩・きもの通信

着て出かける

お茶会  / 目白庭園

2013.03.13

目白庭園は、日本人の自然観を凝縮した本格的日本庭園です。
水際の石垣には数奇屋建築の「赤鳥庵」、水上に浮かぶ「六角浮き見堂」など、随所でわが国の伝統を楽しむことができます。
そんな閑静な地にて、彩きもの学院池袋校・渋谷校・立川校が合同でお茶会を開催いたしました。

作法の実践

講師は表千家・脇田先生です。
茶道具の基礎知識をはじめ、茶席でのマナーや所作について丁寧にご教授いただきました。
「きもの」と「茶席での動作」は一本化していて、動作の一つ一つにおいて“きもの姿をいかに美しく見せるかを常に考えます。

SHARE
前のページ
次のページ