彩・きもの通信

知識を深める

彩きもの大学 「きもの姿を引き立てる素肌作り」

2013.03.01

彩きもの大学におきまして、美容アドバイザーの大津恵子先生を各校に招き、「きもの姿を引き立てる素肌作り」と題して実習を行いました。大学生の皆さんはお手入れの秘訣を学び、“美"を追求しました。

実習の様子

美しいお肌の5つの条件と5つのステップの説明。素肌美には秘訣が・・・
お手入れの秘訣を学ぶ大学生たち。美容アドバイザーの大津先生と助手の落合良江さんが、大学生一人一人に丁寧にアドバイス。美容アドバイザーの大津先生と助手の落合良江さんが、大学生一人一人に丁寧にアドバイス。手の甲でパックの効果を試すと・・・<br />パックをした後では、お肌は化粧水の入りが違います。手の甲でパックの効果を試すと・・・
パックをした後では、お肌は化粧水の入りが違います。お肌自体は汚れを取ることはできないので、手をかけて汚れを落とす必要があります。お肌自体は汚れを取ることはできないので、手をかけて汚れを落とす必要があります。測定器を使って肌質を診断。<br />お肌の水分量を測定することで肌質がわかります。測定器を使って肌質を診断。
お肌の水分量を測定することで肌質がわかります。大学生の一人がモデルとなり先生がお手入れ。美肌になる&メイク上手になる・・・まさに美の追求です。大学生の一人がモデルとなり先生がお手入れ。美肌になる&メイク上手になる・・・まさに美の追求です。

講師紹介

◆ 大津恵子さんより 〜生徒の皆さんへ〜 ◆
「きものを着こなすだけでなく、メイク、さらにメイクをいかすお肌は重要です。
“美しくきものを着こなす生徒さんたちに、きものに負けないお肌になってもらいたい。もっともっとキレイになってもらいたいそんな気持ちで臨みました。
お肌のお手入れの仕方は、読んだり見たり聞いたりしただけではわかりません。皆さんも正しい方法を覚えると、上手に手を動かしてマッサージをしていました。最後には皆さんプロっぽい手つきになり、見ていて楽しかったです。
そして、学院の先生方の優しさとホスピタリティーには感動の連続でした。」

教室掲示用:彩NEWS”

SHARE
前のページ
次のページ