彩・きもの通信

美しく着る 知識を深める

月刊Hello 2022.4月号
― 松戸校-特別取材①

2022.03.25

少人数でしっかり学べ、楽しみながら着付けの伝統を学べると評判の彩きもの学院松戸校。
21年前、同校に生徒として入門し、その後校長先生になられた細川さんを特別取材し
てきました。今号、次号と2回にわたりご紹介します。


クリックすると拡大します

人との出会いが人生を大きく変えてくれました

昔からお茶のお稽古に通い着物を着る機会があった細川さん。当時は母親に着物を着せてもらっていました。母親に「自分で着物を着られるようになってみたら」の一言と、偶然にも彩きもの学院さんのチラシが目に留まり無料体験に行ってみました。
「最初は無料体験だけでやめようと思っていました。」と話す細川さん。
しかし、教室へ行ってみるとその思いに変化が生まれました。

「先生と生徒との関係はもちろん、先生同士が仲良く、とても良い雰囲気が印象的でした。」今でもその関係性に変わりはなく、彩きもの学院さんの魅力のひとつです。
「そこで出会った春山校長が私の運命を変えてくれてくれました。先生方の関係性がとても好印象でこの雰囲気の中に一緒にいたいと思いました。」と、当時を振り返ります。体験だけで終わろうとした細川さんでしたが、先生方との出会いにより教室に通うことを決意しました。この先生方の出会いが
細川さんの人生を変えることになったのです。

次号を読む>>



細川節子(ほそかわ・せつこ)

彩きもの学院松戸校校長。2001年より生徒として彩きもの学院で学び、 講師の資格を取得。各校で講師として経験を積み、2017年に校長職に就く。
彩きもの学院 松戸校 【細川校長プロフィール】


関連項目

メディア掲載情報

月刊ハロー アーカイブス

受講お申し込み

SHARE
前のページ
次のページ